抗真菌薬の作用と使用上の注意事項まとめ

女性の脚

抗真菌薬は真菌に対して働きます。
つまりカビに対しての作用であり、抗菌活性の医薬品です。
抗真菌薬はひとつではなく、いくつかの種類があり、お医者さんで診察を受けて、症状に合ったお薬の処方となります。
種類としては、大きく3つのパターンが存在します。
皮膚科などの病院で処方してもらうお薬としては、外用薬と内服薬があります。
それから病院での治療法の一つとして、注射薬などもあります。
皮膚科クリニックでは、患者の皮膚の症状でよく対処しているのは、水虫菌の白癬菌や、カンジダ菌や癜風菌があります。
こられにはよく抗真菌剤を使用するラインナップです。

主な作用としては、塗薬はありませんがポリエン系を使用することで、真菌細胞膜に対して孔をあけることになります。
内服薬で商法されるグリセオフルビンを飲んで治療をすることで、細胞分裂が活発にされる過程を積極的に障害する作用が働きます。
何もケアしなければ、こうした分裂は活発に行われてしまいますから、内服は重要な治療になります。
塗薬はないですが、フルシトシンの利用によって、細胞分裂を進めようとするのを抑制していく作用があります。

注意事項としてですが、外用薬の効果でかぶれる可能性もあります。
お医者さんで説明を受けたとおり、使用方法や量は守りながら、使用することが大事です。
とはいっても、かぶれない可能性のない塗薬はないですし、こうした外用薬でかぶれを感じるのは、統計で見ても100人に1人という少ない確率です。
それに近年の抗真菌薬というのは優れていて、1日にたった1回のみ塗布すれば効果を発揮します。
ですから1週間から10日もすれば、順調に変化が見られます。
服用薬の注意点としても、決められた量を飲むことを守りましょう。

関連記事
人気記事一覧